Webサイト制作に関して

インターネットサービスプロバイダ(ISP)は、電子メール、ホームページ公開、IP電話、ホスティング、ハウジング等のサービスを提供しています。電子メールは、メールソフトを利用して、メールサーバーとの送受信を行い、電子メールの送受信は、受信メールサーバと送信メールサーバにより提供され、Webサイトは、公開ファイルをWWWサーバへ格納し、ブラウザを使用して閲覧し、Webサイト制作を行うためには、ISPからWebサイト格納スペースの提供を受け、Webサイトで利用するファイル等は、場合によっては、FTPソフトを利用してWWWサーバへ転送する必要があります。
IP電話は、VoIP(Voice over Internet Protocol)の技術に特化した音声通信サービスであり、最初の「050」の後は、事業所番号に続いて、加入者番号となり、電話とIPとの接続には、VoIPゲートウェイが使用され、ホスティングは、レンタルサーバーとも呼ばれ、サーバーへデータを格納するために、サーバー容量を貸すサービスであり、ハウジングは、サーバや通信機器を回線専門業者へ預けるサービスです。したがって、Webサイト制作を行うためには、広範囲に渡っての知識や技術が必要になります。
eコマース、ポータルサイト等は、サーバーサイドのWeb技術が利用されているため、リアルタイムで情報を表示する事が出来ます。Webサーバで、サーバーサイドのWeb技術を構築すると、フォーム送信、検索、データベース登録等のWebサービスが利用可能となり、CGI、Javaサーブレット、ActiveX等の技術が開発されました。したがって、Webサイト制作を行うためには、広範囲に渡っての知識や技術が必要になります。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

© 女子デザイナー☆可愛いデザイン集
CyberChimps